• 歯が抜けてしまったら

    歯周病や重度の虫歯などで歯が抜けてしまった場合、よくそのままにしておいてはだめなのですか?というご質問をうけることが多いです。

    患者様自身はそれほど歯が無い状態に不便さを感じていない場合に多いのですが、抜歯してから数年経ってもそのままにしている方が結構いらっしゃいます。
    歯を抜かなければならなくて抜歯した場合や、歯周病などで自然に抜けてしまった場合、なるべく早くに何らかの手段で歯を作って抜けてしまった歯のスペースを補う必要があります。
    どうして痛くもないし、不便を感じていないのに歯を抜いたあとのスペースを埋める必要があるのでしょうか?
    理由は、他の健康な歯やその他の組織を守るためです。
    例えば、下の奥歯が抜けてしまったとします。
    すると、空いてしまった下の奥歯のスペースめがけて上の奥歯がのびてきます。また、上の歯だけでなく、抜けてしまった歯の両脇の歯も空いてるスペースめがけて倒れ込んでくるのです。
    そうなってしまうと、今度はかみ合わせが狂ってきてしまい、歯並びがガタガタしてきます。歯並びが崩れてくると、うまく咬めないだけでなく、食べ物のかすが溜まり、新たな虫歯や歯周病を引き起こしやすくします。
    また、きちんと咬めなくなるということは、顎の関節やお顔の筋肉にも悪影響をおよぼします。
    このように、歯をたった1本でも抜けたままにしておくと様々な弊害を引き起こしてしまうのです。
    歯医者さんも、歯を抜きたいわけではありません。患者様と同じで出来るだけ残したいのです。ですから、抜かざる得ない状況になる前にきちんと受診してほしいのです。
    しかし、状態が悪い歯は、無理して残すことで顎の骨を溶かしたり、顎の骨や健康な歯に炎症が波及する危険があるため、抜歯せざる得なくなります。その時に抜いた所を放っておくと、せっかく他の健康な歯を守る為に抜歯したのに、他の健康な組織を駄目にしてしまう危険があるので、適切なタイミングで抜歯を行い、口の中の状況を整え、出来るだけ早く代わりの歯を入れることが大切となるのです。

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい 予約制03−6416−5747

10:00-13:00 / 14:00-19:00(土日17時まで)
休診日:火曜・祝日

診療時間
10:00-13:00◯-◯◯◯◯◯
14:00-19:00◯-◯◯◯△△

△土曜・日曜は17時まで

地図

東急電鉄東横線
【代官山駅】 北口より徒歩 30 秒

JR各線・地下鉄日比谷線
【恵比寿駅】 より徒歩 10分

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-20-15
ソルスティス代官山 1F