このような症状はありませんか?

知覚過敏
▲歯がしみる症状は…

  • 冷たい物がしみる・・・
  • 歯ブラシするとピリッと痛む
  • すごくズキズキするわけではないけれど、しみて痛い

そんな症状をお持ちの方は結構多いのではないでしょうか?
そのような場合に疑われるのが知覚過敏という状態です。

痛みの種類としては一過性の痛みで、主に冷たい物や歯ブラシなとが触ると鋭いぴりっとした痛みがあり、すぐに痛みは取れます。

この知覚過敏という症状ですが、歯の敏感な部分が露出することにより起きてしまいます。歯は、表面に固くて強いエナメル質という層があり、その下に象牙質と呼ばれる比較的弱くて敏感な層があります。知覚過敏は、敏感な象牙質がダイレクトに刺激を受けることで痛みとして現れます。

普段は固いエナメル質や歯ぐきに守られている敏感な象牙質ですが、歯ぎしりや歯周病、虫歯などによりエナメル質や歯ぐきのガードを受けられなくなった場合に露出してきます。すると、刺激に敏感に反応して痛みが出てきたり、虫歯になったりします。

では、知覚過敏になってしまったらどうしたらよいでしょうか・・・。まず、歯医者さんに診てもらって、知覚過敏を引き起こされている原因を改善しましょう。

具体的な知覚過敏に対する治療

知覚過敏は歯の象牙質という敏感な部分が露出することでおこる一過性の痛みなので、痛みを止めるためには敏感な象牙質を何らかの方法で覆ってやれば痛みを感じにくくなります。

知覚過敏用の歯磨き粉でセルフケア

まず患者様自身がお家で出来る対処法として、使用する歯磨き粉を知覚過敏用の物に変えるということが大切です。特に研磨剤が入っているような、比較的ホワイトニング効果の高い歯磨き粉を使用していると、研磨剤がますます歯の表面を削ってしまうので、敏感な象牙質が強い刺激を受けることになります。

知覚過敏用の歯磨き粉は硝酸カリウム(カリウムイオン)という成分が露出した象牙質をカバーし、刺激を伝えにくくしますので、使用を続けることで歯のしみる痛みを緩和させる効果があります。

薬でのコーティング

歯医者さんで知覚過敏と診断された場合に選択されることが多い治療方法として、薬でのコーティングです。

敏感な象牙質に刺激が伝わらないように薬を何回か塗布します。すると爪に塗るマニュキアの様に薄い膜が形成されるため、刺激を遮断することが出来るのです。しかし、コーティングしてある薬剤は徐々にはがれてきてしまうため、数ヶ月で効果はなくなってしまいますので、定期的な受診が必要になります。

レーザー治療

露出した敏感な象牙質にレーザーを何回かあてると、刺激に対して鈍感な状態にすることができるため、それにより痛みを感じにくくすることができます。

また、よっぽど痛みが強い場合などは歯全体をすっぽり覆うタイプの被せものを被せる場合もありますが、大半の場合は、薬剤コーティングやレーザー治療で経過をみていく場合が多いです。

というのも、歯は、時間が経過していくなかで生体反応により歯の修復作業を行います。すると、敏感だった象牙質を覆うように壁が作られるので、外からの刺激がシャットアウトされ、痛みが自然と感じにくくなっていきます。

マウスガードを使用

例えば歯ぎしりを無意識に行っている場合や、食いしばりなどで過度な力が歯にかかると、表層のエナメル質が欠けてしまい、象牙質が露出することがよくあります。その場合、まず歯ぎしりや食いしばりから歯を守るためにマウスガードを使用します。これ以上知覚過敏を悪化させないようにしてから痛みを和らげる処置を行います。

歯周病治療

また、歯周病の進行などにより歯ぐきが退縮することでも象牙質が露出するので痛みが出ます。その場合には歯周病の治療も平行して行っていかないことには根本的な解決にはなりません。

普段からの予防やケアを

以上、原因をしっかり見極めた上で知覚過敏の痛みに対する対処を行っていくことが大切となってきます。

知覚過敏は一回の治療で治るわけではなく、完治するのに時間がかかってしまう場合が多いのです。知覚過敏はすごく痛いわけではないけど、不快なものです。知覚過敏になってしまうと、自然に痛みを感じなくなるまで時間がかかるので、その間不快な状況が続くことになります。

お口の中の感覚は皮膚などに比べてとても敏感で繊細です。少しの痛みもとても不快に感じやすく、食事も美味しくいただくことが出来ません。

そして、知覚過敏になってしまったらその痛みを取るだけではなく、悪化させないようにきちんとケアを続けていくことも大切です。ちょっとの痛みだからといって放っておかずに歯医者さんに一度相談してみてください。

ブログ関連記事:「冷たい物がしみるとき
http://daikanyama-ds-blanche.com/blog/246/

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい 予約制03−6416−5747

10:00-13:00 / 14:00-19:00(土日17時まで)
休診日:火曜・祝日

診療時間
10:00-13:00◯-◯◯◯◯◯
14:00-19:00◯-◯◯◯△△

△土曜・日曜は17時まで

地図

東急電鉄東横線
【代官山駅】 北口より徒歩 30 秒

JR各線・地下鉄日比谷線
【恵比寿駅】 より徒歩 10分

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-20-15
ソルスティス代官山 1F