• 銀歯取れる・銀歯の下の虫歯

    キャラメル

    先日、キャラメルを食べていて銀の被せ物が取れたと言って駆け込んでいらした患者様がいらっしゃいました。被せ物は15年以上前にかぶせた物だそうで、取れた銀歯の下は歯が虫歯で腐っていて、ぼろぼろになっていました。そして「その歯は痛くもなかったし、外れるまで虫歯なんて気がつかなかった」とのこと。

    その患者様いわく「先生、被せ物ってキャラメル食べただけで簡単に外れてしまうんですね・・・銀歯を被せたらずーっと持つものかと思っていたのに・・・
    …となげいていらっしゃいました。

    本当に銀歯ってそんな簡単に取れてしまうのでしょうか…?

    答えはNOです。実際、被せ物はキャラメルやガムを食べたくらいでは取れません。しっかりとしたセメントでくっつけていますので、よっぽどのことがないかぎり外れないようになっています。

    取れた場合の考えられる治療方法

    詰め物が取れたり割れたりした場合、当院では以下のような治療方法をご用意しております。いずれも適切な診査・診断を行ってから事前に治療方法をご説明し、患者さんに治療をするかどうかを決定してもらっています。

    外れてしまう原因

    ではどうして外れてしまうのでしょうか・・・?

    ①接着材料であるセメントの経年劣化

    一つは、銀の被せ物と歯をくっつけているセメントの劣化が起こると外れやすくなります。銀歯に使用されるセメントは最初は歯とくっついていますが、長年の間に、溶けて劣化してしまいます。すると、歯との接着力が弱まるので、ガムやキャラメル等の粘着性のある食べ物を食べると取れてしまう事があるのです。

    ②詰め物の下が虫歯になった

    また、溶け出たセメントの部分から虫歯菌が被せ物の下に入り込んで虫歯をつくったりします。すると歯を溶かすのでますます被せ物は外れやすくなるのです。

    そして厄介なことに、この銀歯が取れるということと、銀歯の下の虫歯という2つの現象はだいたいセットで起こってきます。

    また、銀歯の下の虫歯は被せ物で覆われて隠れてしまっている為に、発見が遅れますし、ましてや、歯の神経を取っている場合は虫歯による痛みを感じないので、先ほどの患者様のように全く自覚症状がないまま虫歯はどんどん進行していくのです。

    取れないようにする予防策

    では、どうしたらこういったことを予防できるのでしょうか・・・?

    • 歯磨きをきちんとして、虫歯の予防をする。
    • 定期的な歯の検診を受ける。
      被せ物をしている場合はレントゲンを撮ることで隠れた虫歯をいち早く発見することが出来ますし、小さな虫歯をすぐに治療出来るので、虫歯が大きくならずにすみます。
    • 歯科医院で被せ物の種類やセメントの種類の適切な選択をしてもらう。
      こうすることでセメントの劣化や溶け出しを防いだり、被せ物と歯の間からの虫歯菌の侵入を防ぐことが出来ます。

    皆様も、被せ物が入っている場合にはきちんとした定期検診を心がけるようにして下さいね。


初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい 予約制03−6416−5747

10:00-13:00 / 14:00-19:00(土日17時まで)
休診日:火曜・祝日

診療時間
10:00-13:00◯-◯◯◯◯◯
14:00-19:00◯-◯◯◯△△

△土曜・日曜は17時まで

地図

東急電鉄東横線
【代官山駅】 北口より徒歩 30 秒

JR各線・地下鉄日比谷線
【恵比寿駅】 より徒歩 10分

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-20-15
ソルスティス代官山 1F