• 差し歯や詰め物の変色について

    なんだか最近歯が変色してきたな・・・とか、自分の歯の色と差し歯や詰め物の色が違ってきたな・・・と思うことはありませんか?

    変色した部分が茶色くなってしまうとどうしても自分の歯の色と比べてしまって気になりますよね。
    特に前歯の場合は詰め物などの面積の狭い部分の少しの変色でも目立ってしまうことが多くあります。
    保険適用のレジン(歯科用プラスチック樹脂)は時間とともに劣化します。差し歯や詰め物が変色してきたという場合はほとんどこのレジンというプラスチックの材料が使用されている場合が多いです。
    もちろん保険適用の材料ですので、生体に安全で、ある程度の強度を持ち合わせており、安価です。ですから、幅広く使用されている材料ではあります。
    しかしながら、先ほども言ったように、経年的な変色や物性の劣化という問題があります。
    物性の劣化ということに関して言えば、レジンは水を吸いやすく、強度的には長年使用するとすり減ってきてしまいます。そしてその隙間から虫歯になる可能性が出てきてしまうのです。
    保険適用ではありませんが、見た目の美しさや強度などの機能面を考えるとセラミックという材料の方が優れています。
    セラミックは時間が経っても変色しませんし、とても強度に優れています。表面の性状もツルツルしていますので汚れが付きにくいというメリットもあります。
    もし、さし歯や詰め物の変色が気になる場合は一度歯医者さんに相談してみてください。その場所や状態にあった材料で、美しい状態が長く続くようなアドバイスをしてくれると思いますよ。


初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい 予約制03−6416−5747

10:00-13:00 / 14:00-19:00(土日17時まで)
休診日:火曜・祝日

診療時間
10:00-13:00◯-◯◯◯◯◯
14:00-19:00◯-◯◯◯△△

△土曜・日曜は17時まで

地図

東急電鉄東横線
【代官山駅】 北口より徒歩 30 秒

JR各線・地下鉄日比谷線
【恵比寿駅】 より徒歩 10分

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-20-15
ソルスティス代官山 1F