• 歯の着色について

    皆様、コーヒー、紅茶、赤ワインなどよく飲まれますでしょうか?

    ついこの間ボジョレーが解禁されて、赤ワインを飲む機会が増えた方も多いのではないでしょうか。先日、定期的にクリーニングで来院される患者様の歯の表面がいつもに比べてなんだか色が少しくすんでいたので、おかしいな・・・と思い、何か色味の強い物を最近頻繁に飲まれてますか?とお訪ねしたところ、赤ワインを飲む機会が増えて、最近よく飲んでるとのことでした。赤ワインに限らず、やはりコーヒーや紅茶、コーラ、タバコなんかでも歯の表面に色素が着色しやすくなります。

    なぜ歯の表面に色素が付いてしまうのでしょうか・・・それは、歯の表面はもともとはエナメル質というツルツルの面で覆われているのですが、食事を取ることで生じるPHの変動や、食事や飲料水に含まれる酸や、摩耗などによって歯の表面には微細な凹凸が出来ていたり、目には見えない細菌の作る膜・バイオフィルムが表面にこびりついているために、汚れと一緒に色素が付いてしまうのです。

    ツルツルのタイルとざらざらの壁を想像してみて下さい。ツルツルのタイルは汚れが付きにくいですし、汚れが付いても水で流せばすぐ汚れは落ちますよね。でも、ざらざらの壁はよごれも付き易くて、ごしごしこすらないと汚れは落ちませんよね。
    歯の表面もそれと同じです。汚れが付いて表面がザラザラしていると色素のみならず汚れまでますます引きつけてしまい、どんどん汚れがたまってしまいます。

    また、着色が付いているということは、その下にはザラザラとした汚れが存在しているということです。普段は目に見えない汚れが色素によってはっきり見えるようになった状態なのです。

    では、どうしたら着色しにくい歯になるのでしょうか・・・?

    まず簡単に出来ることは色素の強い食べ物や飲み物を控えるという方法です。でも、コーヒーやお茶などは日常的に飲む物ですし、控えるのが難しいですよね。ですので、色の濃い食べ物や飲み物を飲食した後には必ず歯を磨くか、お口を水でゆすいで下さい。そうすることで色素沈着を防ぐことができます。洋服についたシミと同じで、付いてしまってもすぐに洗えばシミは残りませんよね、その考え方と歯の汚れは同じです。

    あと、先ほどもお話ししましたが、歯の表面をザラザラの状態からツルツルの汚れが付きにくい状態に変えてあげることで汚れや色素がつきにくく、汚れを落とし易くなります。歯の表面は専門的なクリーニング(PMTC)でつるつるにすることが出来ます。また、付いてしまった着色や、汚れや色素を引き寄せてしまうバイオフィルムという細菌の作り出す膜も落とせますので患者様自身で手の届かない場所も綺麗になります。

    着色の付き方は患者様のライフスタイルに大きく関係します。タバコを吸っているいる方、よく色の濃い飲み物を飲む方、そして1日を通してどのくらいの頻度で歯ブラシやお口をすすいでいるか・・・によって、本当に個人差があります。また、元々の歯の形状で汚れが溜まり易い方もいらっしゃいますので、歯医者さんや衛生士さんと相談して、一番効率の良い清掃方法をマスターすることが大切です。

    皆様も一度歯医者さんや衛生士さんに自分のライフスタイルや歯ブラシの仕方などを診てもらって、着色や汚れが付きにくい状態の歯がキープ出来るようにしましょうね。


初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい 予約制03−6416−5747

10:00-13:00 / 14:00-19:00(土日17時まで)
休診日:火曜・祝日

診療時間
10:00-13:00◯-◯◯◯◯◯
14:00-19:00◯-◯◯◯△△

△土曜・日曜は17時まで

地図

東急電鉄東横線
【代官山駅】 北口より徒歩 30 秒

JR各線・地下鉄日比谷線
【恵比寿駅】 より徒歩 10分

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-20-15
ソルスティス代官山 1F