• インプラント治療とテクノロジー

    前回はインプラント治療のおおまかな内容をお話しさせていただきました。今回はもう少し詳しいお話をさせていただこうと思っております。インプラント治療は歯の無い所に人工の歯の根を埋めて、その上に歯の頭の部分を作っていく治療ですが、インプラントはフィクスチャーと呼ばれる骨に埋める歯の根っこに相当する部分と、アバットメントと呼ばれる歯の頭の部分に相当する部分の2パーツから成り立っています。

    implant02Img.jpg

    この二つは主にネジで接続されており、一度ネジを固く締めると簡単には外れません。通常は、骨とフィクスチャーがきっちり結合するまでは歯の頭の部分には仮歯が装着され、骨と結合したら最終的な被せものを作っていきます。(状態によっては仮歯を装着せずにフィクスチャーだけを骨の中に埋めて骨との結合を待つ場合もあります。)

    インプラント治療に際して一番最初に行う大切なことは、CT撮影を行い様々な方向から骨の状態を確認することです。このときに、骨の厚みや密度、また、重要な血管や神経の走行などをきちんと確認し、インプラントを埋めたい場所に骨が十分あるか無いかを確認し、無い場合は骨を足す処置を行う場合もあります。

    また、最近、インプラント手術に映画でも使われている3D画像を利用して手術のシュミレーションを行うことが可能となっています。

    3D画像によるシュミレーションを行うことで、今までよりも鮮明に、立体的に顎の骨や血管、神経の走行などが様々な角度から見られるようになり、それに伴って綿密でより正確な手術の計画がたてられるようになりました。インプラント手術における綿密な手術計画は、安全でより高い手術の成功率につながりますし、手術時間の短縮にもなります。

    implant08Img1.jpg

    しかし、せっかく3Dシュミレーションによる綿密な手術計画を立てても、実際の手術でその計画に沿った正確な手術が行われなければ、全く意味がありません。

    そこで、正確な手術を行うために、3Dシュミレーションを元にした治療計画から、手術に使用するガイドと呼ばれる特殊な装置を作りそれを手術に利用することにより、インプラントをより正確な場所へ正確な深さで埋めることが出来るので、最初に計画した綿密な手術計画に沿ったインプラント手術が可能となるのです。また、ガイドを使用すると手術の際に歯茎を大きく切開する必要がなくなるため、患者さんの身体的な負担の軽減にもつながります。

    ですので、ガイドと呼ばれる装置は手術を計画に沿って行えるように、計画と実際の手術の架け橋のような役割をする装置であると言えます。

    implantTittle13Img.gif

    こういった様々な角度からの3Dシュミレーションや、綿密な手術計画、また、その計画と実際の手術を繋ぐガイド装置などを使用することでインプラント手術はより安全性が高まり、成功率も高くなりつつあります。

    一見、歯科とは関係のない分野である最新テクノロジーを歯科治療に積極的に取り入れることで、患者様にとって最良で安全な治療を提供することが可能となるため、インプラント治療のみならず歯科治療はますます安全に精密な治療が可能となっていくのではないでしょうか。


初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい 予約制03−6416−5747

10:00-13:00 / 14:00-19:00(土日17時まで)
休診日:火曜・祝日

診療時間
10:00-13:00◯-◯◯◯◯◯
14:00-19:00◯-◯◯◯△△

△土曜・日曜は17時まで

地図

東急電鉄東横線
【代官山駅】 北口より徒歩 30 秒

JR各線・地下鉄日比谷線
【恵比寿駅】 より徒歩 10分

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-20-15
ソルスティス代官山 1F